テーマ:メジャーリーグ

ハドソン、2年連続ゴールドグラブ受賞!

いつの間にやら、カーズがワールドチャンピオンになりました。田口も、ついにチャンピオンリング獲得です。しかも、ワールドシリーズになって出場機会も増え、ほんと今回のポストシーズンは勝利に貢献していたので、うれしかったです。 そいでもって、オフシーズンに突入し、まずは受賞シーズン到来です。 オーランド・ハドソン二塁手が、ゴールドグ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ディビジョン・シリーズ

すでに3チームがリーグチャンピオンシップシリーズへの進出を決めてしまいました。 デトロイト、オークランド、そしてニューヨーク・メッツが勝ち抜け。 あれだけの戦力を抱えたヤンクスが負けるとは。タイガースもシーズン終盤は調子を落としていたのですが。何があるかわからないのが短期決戦ですね。 そしてアスレチクス。初戦の対サンタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クウェンティン、ホームラン阻止

クウェンティンが、デイブ・ロバーツのホームランをキャッチしました。すばらしい。例年いまいち外野の守備がよろしくありませんでしたが、来年は、レフトがバーンズ、センターはヤング、ライトはクウェンティンとかなりいい守備を期待できそうです。楽しみですね。ま、気になるのは、ヤングの肩くらいでしょうか。 でもって、今日の試合は敗戦。 残…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熱い最終シリーズ

ゴンゾ時代の終幕もあと3試合。ホームでの最後を飾って欲しいですね。 それはともかく、今日はナ・リーグ中部地区な話。 なんというか、熱いです。ついにアストロズがカーズに0.5ゲーム差のところまで追い上げました。アストロズ、カーズともに残り三試合。 カーズは、優勝をこの間で確定できれば、ジャイアンツとの試合が行われず161…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっと勝利

シュミットの登板試合、Dバックスはなんと16連敗中でした。中にはシュミットに勝ちがつかない試合はあったのですが、16試合連続で負け。まさにネメシス。 それをうちやぶったのが、エドガー・ゴンザレスでした。これで、2試合連続で先発でいい仕事をしたエドガー・ゴンザレス。来年のスプリング・トレーニングで、開幕ローテーションを競い合う可能性…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サイ・ヤング

サイ・ヤング勝というのは、ア・リーグ、ナ・リーグの各リーグのもっとも優秀な投手に贈られる賞です。日本で言うところの沢村賞ですね。投手のMVPといったところでしょう。 28人の記者が、ぞれぞれ1位、2位、3位を決めて投票し、1位なら5点、2位なら3点、3位なら1点として得点を合計し、1位の投手を選び、その選手にサイ・ヤング賞を贈って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さらばゴンゾ

ゴンゾとフロントのあいだでミーティングが行われ、Dバックスがゴンゾのオプションを行使しないことが明らかとなりました。 そしてバーンズGMによれば、来年の外野スタメンは、センターはヤング、ライトはクウェンティン、レフトはバーンズになる予定だそうです。というわけで、ゴンゾと低価格で再契約するという可能性もないみたいです。あと残りわずか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そろそろ来年への期待だけに

勝てません。勝っても単発で、そのあと連敗。 打線と投手とのかみ合わせがなってませんし、先発がんばれば、ブルペンこけると悪夢の螺旋にとらわれた模様です。 ヤング、ドリューあたりががんばってくれているのが救いでしょうか。クウェンティンがいまいちなので、9月にもうちょい調子を取り戻してほしいものです。 そういえば、バーンズが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なんとか連敗ストップ

試合時間5時間6分の延長戦の末、Dバックスがハドソンのサヨナラホームランでついに連敗を止めました。 ドジャース、パドレスとの6試合。まず最初の試合で1勝。正念場で連勝しないとあとがありません。がんばって欲しいものです。 しかし、バーガスが4回6失点とへたれたときにはだめかと思いましたが、ブルペンがよくがんばりました。延長11…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

泥沼4連敗

今日は、苦手シュミットを打ち込み、なんとか2点差まで行きました。しかし、ビスカイーノ、ライアンで玉砕。泥沼の4連敗。 この調子だと、ちょっと立ち直れるような気がしません。どっかで流れが変るのを祈るのみ。 昨日のウェブといい、今日のエンリケ・ゴンザレスといい、初回に失点して相手にリードを許すという嫌な展開が続きます。初回のビハ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

グリーン放出

カルロス・クウェンティンのプレイングタイムを確保するために、S・グリーンがメッツにトレードされました。 そいでもって、Dバックスは今日も弱弱です。戦犯はトニー・ペーニャ。これで三連敗。 最近のチーム状態をかんがみるに、今年のDバックスのポストシーズンへの挑戦はもう厳しいでしょう。ま、8月になってからまったくチームが機能しなく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

貧打と守備の乱れ

今日の敗戦は、明らかに打線が打てなかったことが原因かと。 ついでに、ダメ押し点を守備の乱れから献上。リヴァン・ヘルナンデスが7イニング3失点で乗り切ったこと以外、いいところの何もない試合となりました。 そろそろ打撃が好調を取り戻し、1ヶ月が経過。また、不調の波がやってくる時期になったようです。ということは、あとは9月まで貧打…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シリーズ負け越し

ミギーが四球を連発しつつも7回1失点。ですが、打線の援護なく延長に突入。最後は、メダーズがぼろぼろでさよなら負け。 なんか、最近またハドソンがゲッツーを打つようになったのですが、これが始まりだすと、チームの打線がだめになってくる気がします。気のせいだとは思いますが(笑)。 しかし、パドレス投手をほんと打ち込めませんでした。次…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヴァーガスの好投

ここのところ好調なヴァーガス。ほんと、こういう風に安定してくれれば、助かるのですが。 今日はヴァーガスのおかげで勝利し、再び5割を維持しました。なんとか連敗ストップです。 しかし、ほんと調子が上がってきませんね。ま、ウェブも最近シンカーがよくなかった理由がわかり、次の先発では改善できるという話らしいので、期待したいですね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ふたたび5割

8月に入って、いまいち勢いがありません。今日はエンリケ・ゴンザレスがまたいまいち。打線はしめりっぱなし。 エンリケ・ゴンザレスにはもうちょい1イニングをしっかり抑えて欲しいものです。やはり初回に3点取られると勝てる気がしませんしね。 それはそれとして、ヘアストンをマイナーに落とす代わりに、ヤングがメジャーデビューを果たしまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウェブ滅多打ち

ウェブがやはり調子を落としています。ま、今日は初回からトレイシーのエラーで足を引っ張られたというのはあると思いますが。 去年も後半戦はピリっとしませんでしたが、今年はやはり故障で中日が空いたのが原因だと信じたいものです。ポストシーズンに向けて、どうしてもウェブで勝ち星を稼ぎたいので、今後の復調を祈るのみです。 しかし6回の無…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

延長18回の死闘

今日は延長18回までいった試合が2試合ありました。さすがに延長18回までいくと投手が枯渇しますね。 ちなみに、長い長い延長試合にいったのは、カブス@アストロズとDバックス@ロッキーズでした。 アストロズはというと、クレメンスの乱調で失点がかさみましたが、なんとか逆転したもの、ふたたびクローザーのリッジがセーブ失敗。で、結局、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リヴァン・ヘルナンデス、Dバックスでデビュー

リヴァン・ヘルナンデスが、首脳陣の期待通り8イニング投げてくれました。ま、内容は予想通りですが、大崩れすることなく、4失点で切り抜けました。 何が悪いって、打線ですかね。フロリダのジョンソンに完璧に抑えられました。やっぱりあの防御率は伊達じゃありませんね。手も足も出ませんでしたね。 明日はウェブの復帰試合です。明日に期待しま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

守備はチームを救う

今日のバティースタはずたぼろ。なんといっても6イニングで12安打打たれました。これでいいはずがないのですが、ジャイアンツの速攻のおかげでなんとダブルプレイ4つ。おかげで、この内容で2失点でこらえきることができました。 おかげで、最後はフリオが久々の無失点で締めて、5-3で苦しい試合で勝利を手にしました。これで、今日ようやっと負けた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クルーズのベストピッチ

投球数を抑え、クルーズが7.1イニングを1失点で乗り切りました。クルーズの問題点といえば、そのノーコン。今日は出だしから投球数を抑え、7安打1四球ながらも、本塁打1本による1失点でこらえました。昨日は、中3日のエンリケ・ゴンザレスを補うため、リリーフをたくさん費やしたので、ほんとチームを助けるピッチングでした。 打線のほうも、初回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リヴァン・ヘルナンデス獲得

ノン・ウェイバーデッドラインが終わり、ナッツがヘルナンデスを好きなチームとトレードするために、リヴァン・ヘルナンデスをウェイバーにかけたところ、Dバックスが名乗りを上げたようです。 結果、トレード成立。 リヴァン・ヘルナンデスをDバックスが獲得。代わりにナッツにはプロスペクトを2枚放出しました。両方とも、期待の先発投手。ひと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連敗脱出

かろうじてバーガスが6回2失点。先発が仕事したのは久々な気がします。とはいえ、初回にツーラン浴びて先制されたのはいかがなものかと思いますし、内容自体も2失点でよく収まったなぁ、という程度のもの。今後もっと安定してもらわないと困りますね。 また、2点差の9回表にフリオが登板したのですが、結局シングルを3本打たれ1失点。危うくセーブ失…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニッパート崩壊

ニッパートが2回にグランドスラムを浴びました。それで終わり。 クレメンス相手にこれでは勝てません。すべては、ウェブの故障ですかね。 あと、1回にダバノンが盗塁で足首を捻挫で退場。あのへんもつらかったですね。 故障がたてこんできましたし、なんか予想通りの投壊。8月どこまで五分五分でいけるかが勝負になりそうです。 本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

投手がねえ……

9回二死満塁。代打クウェンティン。1点差。ここまでいって勝てなければ仕方ないですね。 でも、その前に。先発のミギー。どうしようもなかったです。いちばんいかん悲しかったのは、二死二三塁で、オズワルトに2点タイムリーヒットを浴びたことですね。それいぜんに、あの与四球数はいけません。そりゃあ、失点もかさむでしょう。 ついでに、ライ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カブスとの4試合シリーズは2勝2敗

昨日、雨で試合が中止になり、今日はダブルヘッダー。 第1試合は、ドリューが4打点と活躍し、勝利。圧勝。首位に浮上。 ですが、第2試合、エンリケ・ゴンザレスが滅多打ちで、敗戦。 一瞬にして、パドレスが単独首位に返り咲き、Dバックスは1ゲーム差で2位に。 なんというか、いまいち勢いに乗れないDバックス。ま、西地区はど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっぱりバーガスではね

今日はカブスの長打攻勢でDバックスが撃沈しました。 ま、なんといいますか、バーガスが3回で7失点しているところに絶望感が漂っています。 ついでに、2点返したその裏、リリーフしたメダースがツーラン浴びて突き放されるし。 この先発陣では限界があるのはわかりきっているので、なんとかこういう試合を一試合でも多く、打線の力で勝利…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホームラン攻勢で勝利

珍しいこともあるものです。球団記録となる1試合6本塁打でDバックスが勝利しました。 ウェブはいまいちでしたが、守備に足を引っ張られたり、風が外野方向に強く吹いていたり、気温が異様に高かったりとマイナス要素満点でしたから、仕方ないかもしれません。 そういったマイナス要素に、カブスの投手陣は耐え切れませんでした。 Dバック…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クレメンス好投、でもブルペン崩壊

相変わらず、バティースタは低空飛行。ま、6回もったのは上出来ですが、ないようは芳しくありませんでした。 打線は打線でクレメンスの前に完全沈黙。わずか2安打で11三振に抑えられました。しかもかろうじてとった一点もエラーがらみで、非自責点。 クレメンスは、ほんと運がなく、登板時にともかく味方が打たないです。でも、今日は違いました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オズワルトに完敗

序盤チャンスはあったと思うのですが、結局、オズワルトに抑え込まれてしまいました。 ついでに、クルーズも途中から立ち直ったのですが、1回、2回で3失点。結局、そのままリードを維持され負けてしまいましたね。ですが、クルーズも、序盤で先制点を与えたのはよろしくおありませんが、手堅いピッチングをしてくれました。なんとか、安定してくれないも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かろうじて連敗ストップ

今日のエンリケ・ゴンザレスは、ぴりっとしませんでした。アストロズ期待の新人ルーク・スコットにホームランも謙譲。 痛かったのはブルペン陣のいまいちさ。せっかくクウェンティンが代打ツーランで3点差にしましたが、その直後の7回裏にはチョートとメダーで2点。8回には、ドリューのエラーを足がかりにリオンで1点失い同点。も もうこの流れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more